レーシックが不適応


【質問】

近いうちにレーシックの検査を受けに行こうと思っているのですが
強い近視の場合だと
不適応になると聞きましたが本当ですか?

私はかなりの近眼なので
レーシックをと思ったのですが
不適応になるかもしれないと思うと躊躇してしまいます。

他に不適応になる理由も知りたいです。

よろしくお願いします。


【回答】

強度の近視でも受けられると思いますが
クリニックによっては断られる場合もあるかもしれませんが。

レーシックがダメでもエピレーシックだったら
受ける事が出来るはずです。
少々、角膜が薄くても受ける事が出来ます。

不適応になるのは
最初にあげられるのは年齢だと思います。
20歳から60歳までの人しか受けられないって事です。
しかし、20歳になっても視力の低下が治まっていない場合は
断られる事が多いです。

20代後半くらいになると
視力も安定してくるので受けられるようになります。

他には目や体に疾患があったり、角膜の状態、妊娠していると
受ける事ができませんので

検査の段階で先生に不安に思う事は全て話しましょう。

もし手術を断られても、他ではOKって事もあるそうですので
何か所かで話を聞いてみたらいいと思います。



レーシック医院の比較  料金、術式、特徴など

品川近視クリニック